4人に1人が自殺願望

今、ニュースを見ていたらこんな記事を見つけました。

【4人に1人が本気で自殺したいと考えたことがある】

これは、全国の20歳以上の男女、4万人以上を対象に調査をした結果らしいです。

自殺したいと思った理由は

男性では、

  • 仕事や勤務先の人間関係、負債や失業、そして健康。

女性では、

  • 家族関係や子育て、介護、健康、そして学校でのいじめ。

また、上記の調査とは別に、

過去1年間で自殺を図って未遂だった人は535000人もいるそうで、20代から30代が多く、

自殺したいという気持ちを誰にも相談できなかった人が半数近くにのぼり、

毎年3万人近くが実際に自殺で命を失っているそうです。

当方は、本気で自殺したいなんて思ったことはありません。

正直、こんなに多くの人が死にたいと思っていて、実際に命を落としているなんてと驚きました。

死なないといけない思った理由って、どんなことなのでしょうか?

生きていちゃいけないと思った理由はなんなのでしょうか?

幸せを感じられないと言えば、

でわ、幸せの定義はなんですか?と答えが返ってきたり、

もうどうにもならない。と言えば

でわ、解決のために必死で動いたんですか?と答えが返ってくる。

こんな感じで

気持ちをわかってもらえず

バッサリ言われてしまって失望してしまっているのではないのでしょうか?

死にたいと思う気持ちに理由付けをして

解決策を練らないとこの社会は変わらないのではないのでしょうか。

ですが、

社会が変わるのにはたいへん時間がかかります。

まずは、個人でできることを始めていかないといけないのではと、当方は思います。

まずは自問自答。

人間関係を良くするためにはどうすればいい?

借金をしないためにはどうすればいい?

仕事がなくならいようにするにはどうすればいい?

健康を続けるためにはどうすればいい?

家族関係をよくするためにはどうすればいい?

学校でいじめられないようにするにはどうしたらいい?

こうして考えてみて思うのは、

自分1人で、好き勝手に生きていくことができるのであれば、人は死のうなんて考えないのではないでしょうか。

もし、他人を思うように扱えるのであれば人は死のうなんて考えないのではないでしょうか?

もちろん、到底、不可能な空想です。

【4人に1人が死にたい】

どうにかしたい。

わかってあげたい。

守ってあげたい。

助けてあげたい。

生きてほしい。

そう思っても無力ですね。

なにもしてあげられない。

無力です。

自分ができることはあるのでしょうか。

もし自分の身近な人が顔色を曇らせていたら気づいてあげましょう。

話を聞いてあげましょう。

味方になってあげましょう。

何気ないことから、できることから、していこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする