カレーライスとはなんだ

はうちゃです。

偏食が始まってしまったのかと思うぐらいに、

最近やたらとカレーライスが食べたくなります。

そもそも、カレーライスとはどのようなものなのでしょうか。

当方をはじめ、多くの方はカレーライスってどんな食べ物なの?と聞かれても

ご飯にカレーをかけたものだよ。としか答えられないと思います。

ご飯はお米を炊いた米飯だというのはわかりますよね。

でわ、カレーはどう説明すればいいのでしょうか。

ざっくばらんに言うと

「肉・野菜などと一緒にさまざまな香辛料を入れて煮込んだ料理」だそうです。

これでなんとなくわかるかなぁって感じですかね。説明するって難しいですね。

そして、カレーによく使われる「ターメリック」という香辛料がございますが、

このターメリックは、二日酔いに効くと人気のウコンの根茎を乾燥させたものらしいです。

二日酔いの日にカレーライスをいただくのも通かもですね。

発祥はインドで、イギリスで発展して、それから日本に来て、日本で独自に発展して、みたいことが調べててわかりましたが、ちんぷんかんぷん。

日本では47都道府県で、ご当地カレーなるものがあるほどになってますね。

まさにソウルフード!

ちなみに

日本ってラーメンも独自に発展させてたりするからほんっとすごいですよね。

さて、当方は1歳の娘がいますが、娘はまだカレーライスデビューをしていません。

赤ちゃんには、いつからカレーライスを食べさせていいものか調べますと、

離乳食が終わる「離乳食完了期」から食べさてもいいとのことです。

たしかにベビーフードで12ヶ月からのカレーライスがありますもんね。

カレーは食欲をそそりますから、離乳食が苦手な赤ちゃんもしっかりと食べてくれたという声もあります。

大人用のカレーを作る際に、野菜やお肉を煮込んでから、ルーを入れる前に子供分を取り分けて、

その後、大人は大人用のカレールーを

子供は子供用のカレールーを溶かしてしまえば簡単に大人と子供のご飯が出来ます。楽ちんですね。

気をつけなければいけないのは、

赤ちゃんはまだ消火器がしっかり発達していませんので、赤ちゃん用のカレーを初めて与える際は薄くつくってあげましょう。

それでは、カレーについては当方のお気に入りの料理ですのでまた詳しく調べてみたいと思います。

食べ物だけに限らず、普段使っているものや、着ている服など、それがどういうものなのか説明をするとなると、どう説明したらいいか迷ってしまいますよね。

当方も、もっと学んでいこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする