赤ちゃんのうつぶせ寝での事故を防ぎたい。

赤ちゃんのうつぶせ寝での事故を防ぎたい。

はうちゅです。

皆さまは

【乳幼児突然死症候群(SIDS)】

をご存じでしょうか?

元気に生まれて元気に育っていた赤ちゃんが突然に命を亡くしてしまう病気です。

当方も1歳の娘がいますので、娘を守る知識をつけるためにもまとめてみたいと思います。

この病気は生後2ヶ月から生後6ヶ月頃の赤ちゃんに多くみられ、

日本では約6,000~7,000人に1人の割合だそうです。

乳幼児突然死症候群を簡単にいうと

「眠っている間の突然死」だそうです。

窒息による突然死だと思われることもあるようですが、窒息ではなく、原因不明の呼吸停止からなる突然死です。

原因については、未だにはっきりしていないそうです。

何かしらの事故とか異物が喉に詰まってしまったとかそういう理由が考えられがちですが、そういう単純なものでもないみたいです。

前兆のようなものが特にないのが特徴だそうです。

対策としては、

  • 仰向けで寝ている赤ちゃんと、うつ伏せで寝ている赤ちゃんでは、うつ伏せで寝ている赤ちゃんの方が発症率が高いので、なるべく仰向けで寝かせるようにしてあげたほうがいいみたいです。
  • 赤ちゃんの体温の上昇と発症率に関係があることが分かっているみたいで、室内の温度は大人が快適だと思う温度に設定し、更に赤ちゃんには大人より一枚薄着をさせたほうが良いとされているそうです。

そして、

  • 受動喫煙をしている赤ちゃんは、受動喫煙をしていない赤ちゃんと比べて、発症率が約4.7倍にあがるという調査結果があるみたいで、

親、家族、友達はもちろん、おでかけをする際は受動喫煙しないように気をつけてあげましょう。

あとはなるべく添い寝ではなくベビーベットを使ってあげることで、誤って赤ちゃんを覆ってしまったり、寝返りをうって胸部や腹部を覆ってしまうという事故の対策ができます。

おくるみを利用することによって布団が覆い被さるのをふせいだり、

固めのマットレスにしてあげるのもいいみたいです。

発症率が高まる生後2~6ヶ月の頃の赤ちゃんにを特に気を使ってあげて、なるべく1人にしないようにしたり、

赤ちゃんが寝ているそばに物を置いたりしてあげたほうがいいみたいです。

しかし、残念ながら100%の予防方法というのがないらしいです。

親がしっかり見守ってあげる。

それが1番の予防なのではと当方は思います。

見守ってあげてても防げないものはあるかもしれませんが、大切な命を育むためにできることは全てしてあげたいと思います。

とりあかえしがつかなくなってからでは遅いですから、子供のために親としてしっかり接してあげられているのかよくよくみなおしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク