ソクラテスの名言。生涯まとめ。

今回は古代ギリシアの哲学者ソクラテスについてまとめてみます。

紀元前469年にアテナイという地域で生まれました。

お父さんは彫刻家でお母さんは助産婦です。

ソクラテスはペロポネソス戦争(古代ギリシアの全世界地域を巻き込んだ戦争)に重装歩兵として参加し、

青年期には自然科学に興味があったとかなかったとかで、晩年には倫理や徳を追求する哲学者としての生活に専念します。

ソクラテスの思想が形成されたきっかけは

彼の弟子が神託所の巫女さんに「ソクラテス以上の賢者はいるのか」と訪ねたところ、

巫女さんに「ソクラテス以上の賢者は1人もいない」と答えられたことにあるそうです。

こんなこと言われたら普通は跳び跳ねて喜ぶところですが、

ソクラテスは自身を賢明な者ではないと自覚していたために大変驚きます。そして何故なのかと自問を繰り返したそうです。

そして思いつきました。

世間で評判の賢者や詩人や政治家に質問を問いかけたり、お話しをすることによって、その賢者達の方が自身より賢明であると証明しようと!

しかし実際に賢明達と話をした結果が非常に残念だったみたいです。

賢者達は雄弁に語ってくれるのですが、話の中身がすっからかんで、語っている内容や意味を賢者達自身で理解していなかったそうです。

そのことをソクラテスは賢者達に説明をするはめになってしまったそうです。

賢者や詩人や政治家、それぞれのジャンルにおいてはその道のプロですからしっかり知識を持っているのですが、

そのことによって、自身を誇張し他の事柄まで知ったかぶって話をしていたそうです。

そしてこう思います。

「知らないことを知っていると思い込んでいる人々よりは、知らないことを知らないと自覚している自分の方が賢く、知恵の上で少しばかり優っている」

「最大の賢者とは、自分の知恵が実際には無価値であることを自覚する者である」

この発言はソクラテスの名言としても有名です、

神託所の巫女さんが言いたかったのはこういうことだったのかと解釈をし、

そしてこの考え方がソクラテスの原点になったそうです。

そしてソクラテスは自身の報酬は問わず、

歩きまわって出会った賢者達に指摘をすることを生涯の仕事としたそうです。

ですが、無知を指摘された人たちって嬉しいとは思わないですよね。

そんなこんなでソクラテスは数多くの敵をつくり大変憎まれたらしいです。

もちろん、ソクラテスを慕う弟子もいっぱいいたのですが、

戦争でアテナイの敗北を招いたアルキビアデスや、

その後の政権の指導者となったクリティアスなどもソクラテスに教えを施された弟子であったと見なされていまして、

そのことがソクラテスを攻撃する絶好の口実となってしまったそうです。

アテナイの国家が信じる神々とは違う教えを問うたことにより、「若者を堕落させた」などの罪状で公開裁判にかけられることになりました。

アテナイの500人の市民がソクラテスの罪は死刑に値すると断じたそうです。

そして有名な「ソクラテスの弁明」を行いますが死刑が言い渡されました。

と、ざっとではありますがソクラテスについてまとめてみました。

まさに殉教ですね。

「無知の知」

自分に置き換えてよくよく考えてみたいと素直に思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク